マタニティ旅行をした旅行先と時期を教えてください。

旅行先:鬼怒川温泉
時期:妊娠 6ヶ月頃
一緒に入った人:主人、長男、祖母

その旅行先を選んだ理由を教えてください。

主人の夏のお盆休みを使い、亡くなった父の実家の近くにある、栃木県の鬼怒川温泉に一泊してます。

数多くホテルがあるなかで、ここを選らんだ理由は、子供が産まれる前から産まれたあとも、ホテル内で楽しめる時間が有意義なものだからです。

宿泊先と口コミを教えてください。

宿泊先:あさやホテル
住所:〒321-2526
栃木県日光市 鬼怒川温泉滝 813

0288-77-1111
サイト:http://www.asaya-hotel.co.jp/

口コミ:子供も大人も一日楽しめるホテルです。

温泉が体を癒し、食事が心を満たしてくれます。

まず温泉は、最上階にある露天風呂が最高です。

特に朝日を見ながら入る風呂は、一日いや一ヶ月分のパワーをもらえます。
食事は朝夕ともにバイキングです。

地元の新鮮野菜から、お肉、お刺身、天ぷら、パスタ、うどん、ゆばなどなど沢山のメニューが広い食堂にずらりと並び、興奮しちゃいます。

また、子供が喜ぶデザートコーナーも充実しており、一緒に選べて楽しめて美味しく頂けます。

マタニティ旅行の体験談を教えてください。

二回目の妊婦ということと、お盆休みが安定期に入ったので、旅行を決めました。

浮腫が発生しないよう、長男の時と同じく車内でひたすらマッサージとツボおしをしました。

足の位置は心臓より高くなるように、お行儀が悪いと長男に突っ込まれながらも、後ろから前に足を出して、お腹を圧迫しないようにしました。

窓の外から見たら、ホントにお行儀悪いと言われるでしょうが。こまめにトイレ休憩をし、水分補給も欠かさずにしました。

宿泊中も、長男は祖母と主人に任せて、最後の妊婦ライフを楽しもうと、沢山飲んで食べて、赤ちゃんにも楽しんでもらえたかと思います。
温泉も妊婦は感染病の危険から、あまりおすすめできないとドクターに言われたので、足湯のみにしました。

それでも普段味わえない温泉の香りが、心身ともに癒されました。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表