マタニティ旅行をした旅行先と時期を教えてください。

旅行先:三浦半島と城ケ崎
時期:妊娠7ヶ月頃
一緒に入った人:夫

その旅行先を選んだ理由を教えてください。

夫婦そろって水族館が好きなので、2人で行ける最後の旅行と思い、油壷マリンパークをメインに旅行先を決めました。
また、川崎の自宅より適度に近く、人混みのある交通機関の施設(新幹線の駅や空港など)を利用せずに行けるということも旅行先を決めるときに考慮しました。

宿泊先と口コミを教えてください。

宿泊先: 城ケ島 遊ケ崎リゾート
住所:  〒238-0237神奈川県三浦市三崎町城ヶ島372-1
サイト: http://www.resort-club.jp/

口コミ:

三浦半島の先、城ケ島という小島にあるリゾートペンション風の宿泊施設です。オフシーズンだったせいもあるかもしれませんが、ゴージャスというわけではないけれど、とても落ち着いた雰囲気のきれいな宿でした。宿周辺はレジャー施設などはありませんが、自然が豊かで夫婦でのんびり散策するにはとてもよいロケーションです。

窓から富士山と朝日が望める部屋だったため、雰囲気もとてもよかったです。また、温泉ではありませんでしたが、貸し切りの家族風呂があるのもとてもよかったです。妊娠中の体は何かとストレスがたまるので、大きなお風呂でのびのびしたい!と思うことも時々あったのですが、おなかのことが心配でなかなか公共の大浴場などには足を運べずにいましたので、この旅行でゆったりと夫と二人で大きなお風呂につかれたのはすごく嬉しかったです。

マタニティ旅行の体験談を教えてください。

子供が産まれたら夫婦二人で旅行に行けるのもしばらくないだろうと思ったので、2人の思い出づくりをかねて、まだ身動きのとりやすそうな7か月の頃に近場で一泊ですが旅行を計画しました。

ただ、旅行寸前までは経過順調でなんの問題もないと言われていたのですが、旅行直前の検診で子宮頸管長が短めという診断をうけてしまい、なるべく安静にして過ごすようにという指示をうけました。その頃はまだ仕事もしていましたので、悩みつつ用心をしながらの旅行決行を決めました。

バスや電車などは私鉄でオフシーズンの下り方面ということもあって、座りながらの移動ができましたし、夫が荷物をすべて持ってくれたので旅行中の移動に関しては心配がなかったです。

また、訪れたレジャー施設などでは、貸出用の車いすなどもあったので、利用させていただきました。こちらも長時間立ったまま、などの体の負担が軽減できてありがたかったです。自分が体の調子が悪くなるまでは、こういったサービスは利用したことがなかったのですが、とても便利で助かるサービスだなと思いました。

旅行全体としては体調を心配しながらの旅行でしたので、普段あまりよく気が付く方ではない夫がとても気遣ってくれ、付き合いたての初々しい気持ちも体験できてとってもいい思い出になりました。

無事帰宅してほっと一息ついたあと、二人で旅行へ行けるのもしばらくないかもね、といいながら二人で少ししんみりしてしまったのも忘れられないです。

新しい家族を迎えてこれから頑張っていこう、という時期に夫婦の絆を深めることが出来たので、このタイミングで旅行をして本当によかったな!と思いました。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表