旅行先:淡路島
時期:妊娠7ヶ月頃
一緒に入った人:夫

宿泊先:夢海游
住所:兵庫県洲本市山手1-1-50(大浜海岸)
サイト:http://yumekaiyu.com/

口コミ:

子供用の遊び場もあったり、屋内プールもあったりで、出産後に子連れでまた来たいと思える宿でした。

出産前に旅行に行きたくて、だけど35歳の高齢出産ということもあり、何かあったときに2時間程度でかかりつけの病院まで行けるように近場の旅行先を選びました。
温泉に入りたかったのですが、妊娠中の温泉は心配だったので、効能などを先に調べて、検診の時に産婦人科の先生に入浴しても大丈夫か、旅行しても大丈夫かをしっかり確認しました。先生からは順調に育っているので大丈夫と言っていただき、旅行を決めました。

1泊2日で宿を取り、自家用車で向かいました。往復の運転は、無理せず助手席でと思っていたのですが、人の運転だと余計に気持ち悪くなるようで、安全な下道は私が運転したり、交代しながら行きました。何度もパーキングで休みながらゆっくりの道中でした。

宿に行くまでに、淡路ビーフの牛丼やハンバーグを夫とシェアして食べたり、城下町をのんびり散歩しました。洲本城があったので行ってみたら、思いのほか山道で棒を杖代わりにしながらけっこうな坂道を登りました。ゆっくりペースだったので、幸いおなかも張らず、いい運動になりました。荷物は夫に持ってもらいました。

夕方になって宿につきました。海が見えるきれいなお部屋でした。予約がぎりぎりだったので、少し狭いお部屋でしたが、1泊だったら十分でした。まず温泉にゆっくりつかって、夕食でした。夕食は新鮮な海の幸を使ったメニューで、それまで妊娠中は生ものを我慢していましたが、新鮮だということで、少しだけお刺身も食べて、タイのしゃぶしゃぶなどのんびりいただきました。妊娠中ということを告げると、背中が楽になるようにクッションも貸してもらえました。

夕食後は、予約していた家族風呂に入りました。露天風呂もあって、涼しい風にあたりながら、温泉を堪能しました。

寝るときは、ベッドだったのですが、寝相の悪い私がベッドから落ちておなかを打たないように、夫が部屋の備え付けの椅子やらいろいろなものを使って柵のようなものを作ってくれました。
翌朝、また温泉につかり、朝食を食べてチェックアウトしました。

帰る途中に、淡路島夢舞台に寄り、たくさんの花を見て散歩しました。雨が降ってきて、ちょっと足場が心配でしたが、たくさん歩きました。中に屋台など出ていたのですが、雨と言うこともあり閑散としていて、ちょっと食べづらかったです。
帰りにパーキングエリアで昼食を食べて、また高速に乗って帰宅しました。

近場の1泊でしたが、のんびりできたので行ってよかったと思います。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表