旅行先:箱根
時期:妊娠 8ヶ月頃
一緒に入った人:母

宿泊先:ザ・プリンス箱根芦ノ湖
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根144
サイト:http://www.princehotels.co.jp/the_prince_hakone/

口コミ:

芦ノ湖が目の前にあってゆったりとした時間が流れる素敵なホテルです。
周りの林がとても幻想的で非日常な空間でした。
お料理もフランス料理と日本料理が選べます。

私は日本料理を選びましたが、レストランがなだ万でとてもセレブな気分を味わえました。
静かなホテルなので子連れではなく、大人のカップルにピッタリです。

妊娠8ヶ月での旅行でしたので、近場の旅行が良いと思い、場所は箱根にしました。
せっかく箱根に行くなら旅館が良いと思っていたのですが、旅館の畳では立ったり座ったりがお腹が大きいと辛いので、
今回はホテルにしぼって検討しました。
結果、やはり畳やお布団よりもベットや椅子がある洋室の方が断然体が楽でした。
特に妊娠後期になると、ささいなことでお腹が張りやすいので宿は旅館の場合でも洋室を選ぶことをおすすめします。

ザ・プリンス箱根芦ノ湖ではさりげない接客が素晴らしかったです。
フロントで挨拶するたびに優しく声かけていただきました。
特に印象的だったのは、レストランでの食事がコース料理だったので、1時間程かかるのですが
背もたれにクッションをわざわざ渡してくれて、「体勢辛くないでしょうか?苦手な食材はありませんか?」と声をかけてくれました。
この心遣いがさすがプリンスホテルだと思い、とても嬉しかったです。

唯一残念だったのは、ホテル内の大浴場が部屋から遠かったことです。
温泉だったので一日2回は入りたいと思っていたのですが、予想外に大浴場が遠く、部屋から歩いて約10分位かかりました。

せっかく温まっても、部屋までの帰り道で湯冷めしそうでした。
結局、大浴場まで歩くのが面倒になり1回しか入りませんでした。
これからマタニティ旅行をする方はお風呂場まで近いほうが、お腹の赤ちゃんのためにも良いと思うので、
別館・本館等よくチェックしてからお部屋を決めたほうが良いと思います。

観光は芦ノ湖畔を散策したり、駒ケ岳ロープウェイに乗ったりして基本的には宿からあまり離れたところには行きませんでした。
私の場合、妊娠中はとても疲れたり貧血になりやすかったので、ゆっくりリフレッシュすることを目的としました。
日頃、お腹が大きいせいでなかなか寝付けなかったのですが、ゆったり過ごすことですごく良く眠れました。
プリンスホテルの周りが林に囲まれていて、とても心が落ち着く場所だったからだと思います。

それでも妊婦はやはり疲れやすく、お腹も張りやすいです。
ところどころ休憩しますので、スケジュールはあまり詰めないほうがベターです。
マタニティ旅行こそ、宿で一日過ごすくらいのゆったりした旅行が良いです。

また、当たり前ですが最低限の持ち物として母子手帳・保険証は必須です。
旅行にいく前にはかかりつけの病院で旅行に行ってもよいか先生に相談してください。
それぞれの赤ちゃんの状態によっては、安定期に入っていても危ないと判断されることがあります。
そして先生の許可がおりたとしても、妊娠中は何があるかわかりませんので、念のため宿から一番近い病院も調べておいた方が安心です。

子どもが生まれるとまず最初の1年間は旅行はなかなか行けません。
夫婦や親子で水入らずの旅行、とても良い思い出になりますので、悩んでいる方はぜひ行くことをおすすめします。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表