旅行先:伊豆
時期:妊娠2ヶ月頃
一緒に行った人:夫
宿泊先:伊豆 アンダ別邸
住所:〒414-0051 静岡県伊東市吉田836-2
サイト:https://www.andabettei.jp

口コミ:自然豊かな緑に囲まれた宿泊先。
平屋建てではあるが、細かな装飾やちょっとしたドリンクサービス、ゲームなど遊び心溢れる場所でした。
部屋も広く清掃も行き届いていました。

たまたま、友人から景品で当たったからといただいた旅行の話。
この旅行を決めたのは2ヶ月程前でした。

直前になり、妊娠発覚。
6wで旅行に行くことになり、不安はありつつ楽しみの方が大きかったために予定通り旅行に行きました。

移動は車で主人の運転だったためこまめに休憩しながら向かいました。
片道3時間ほどでした。

雑誌やテレビでも取り上げられることの多いマタ旅。
産婦人科で確認したところ、国内であれば良いでしょうとの事。

その理由は、保険が効くかが重要なようです。

海外に行くとすると飛行機内での体調不良が懸念されがちですが、本当は海外に行ってしまうと何かあった時に言葉の壁や保険が効かず莫大な医療費がかかってしまう事だと言われました。

私は国内ならばと思い決めましたが、もしもの時のために近くに病院があるか、保険証を持ち歩くことにしました。

その上で妊娠中ならではの楽しみ方はないかと思っていました。

結果として、夫と美味しいお酒を飲みに行くというのは断念。

ならばせめて美味しい食事だけでも!と思いましたが、私は生物が苦手なため名産の海鮮丼などは視野になく、近くのお店で食べるとだけ決めてお店は決めずに行きました。

ちょっと古いかもしれませんが、お昼は久しぶりに手作りのお弁当を持って行き、手漕ぎボートで湖を散策しながら向かいました。

いざ、一度ホテルに荷物を置き食事の場所を探しましたが、緑に囲まれた中のホテルだったため近くにお店はなく…結局山を下り1番近かったファミレスへ。

つわりが始まっており、私は食べづわりと吐きづわりが両方あったために旅行中終始体調が悪かったです。
それでもせっかく来たのだからと楽しむことにしました。

ホテルに戻り、夫と一緒に貸切露天風呂に入りました。

次の日は観光地の動物園や植物園、博物館やパノラマ景色が綺麗な山に登ったり、限定のお菓子などを食べました。

まだエコーでやっと見えたくらいなのにお土産のベビー服を見たり今度は子供を連れて来たいとそうぞうしながら楽しむことができました。

つわりはひどかったものの、この旅行を諦めていたらすぐにお腹が大きくなって移動手段にも不安がうまれ行くのを躊躇ったかと思います。

結婚してすぐの妊娠だったため、ハネムーンも諦めていたので予定通りに行くことができてとても良い思い出です。

私は少し肌寒くなって来た頃に行きましたが、寒さ対策は万全にして行きました。

妊婦にとって冷えは大敵なのでできれば暖かい季節に行くことをお勧めします。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表