旅行先:淡路島
時期:妊娠 7ヶ月頃
一緒に入った人:旦那
宿泊先:淡路インターナショナルホテルザ・サンプラザ
住所:兵庫県洲本市小路谷1279-13
サイト:www.the-sunplaza.co.jp

口コミ:マタニティプランが充実していました。お部屋、お食事、温泉の配慮。すべてが充実していてリラックスできました。

マタニティ生活をする中で、二人で旅行に行けるのもあと少しだなと旦那さんと話していました。
思い出を1つでも残そうということで、住んでいるところからさほど遠くではない所を探しました。

インターネットでマタニティプランのある宿泊先を探すところから始まりました。
そうすると何件か見つかり、その中でも行ったことのない土地で値段もお手頃、そしてプランが充実している宿を見つけることができました。

旦那さんの意見は、交通面だけであとは私の過ごしやすい場所と決めてくれました。
マタニティ旅行を考える際は妊婦である女の人が率先していろいろ決めていくほうが良い旅になると思います。

一番はその日の体調面。元気であるかが大切でした。自分が元気でないと楽しい旅行にはなりません。
私は幸いにも元気でしたのですごく良い思い出の残る旅行となりました。

宿泊先でリラックスできることが今回の目的だったので、おいしい料理を堪能しました。
そして、妊婦にやさしいバリアフリーの個室温泉でのんびりと夫婦二人で過ごすとこができました。
段差がなかったのでこけてしまう心配もなく、おなかも膨れていることを知らない人に知られることなく過ごせました。

なにより旦那さんのエスコートが一番うれしかったです。
体調を常に気遣ってくれて、少しでもしんどくしていると気にかけてくれました。
妊娠してさらに旦那さんの良いところを見つけることができたように思います。

普段の生活では見れないことが旅行のだいご味であります。
良くも悪くもしばらくは2人で旅行することはなくなってしまうので、この機会にいけて本当に良かったです。

長時間運転している旦那さんの横で、運転はしていないけれどどうしても体勢がつらくなったりすることがありました。
そんな時は我慢せずに伝え、休憩をこまめにとってもらうことが自分の為であり、おなかの子の為にもなります。
甘えることも大事でした。

産まれてくる我が子の話で盛り上がったり、今までの思い出話をしたり、すごくしあわせな時を過ごせました。
写真もたくさん撮りました。

せっかく観光地へ行ったので少しは行きたい場所にも行くとこができて、グルメも楽しみました。
妊婦ではないときは観光地をいかに周れるかを考え計画して行っていましたが、今回はすこし減らして周りました。
でも行きたいところには連れて行ってくれたので良かったです。

出産してからはこうしてゆっくり旅行に行くことが当分できないのでマタニティ旅行に行ってみてよかったです。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表