旅行先:台湾(台北)
時期:妊娠 5ヶ月頃
一緒に入った人:主人
宿泊先:花華ホテル
住所:台北市漢口街一段19号
サイト:http://www.pelican.co.jp/hotel-flowers/
口コミ:とてもキレイというわけではないですが、特に不便もありませんでした。日本語対応のスタッフがいてくれたので安心でした。台北駅から近かったので便利でした。

妊娠5ヶ月の時に台湾に新婚旅行に行きました。主人とは同じ会社で知り合い、1年の交際をの後にできちゃった婚になりました。

同じ会社のため私が退職せざるをえなかったのですが、子供を産むぎりぎりまで働くことに。

同じ会社ということで同じタイミングで何日間も休むことができなかったので、二人で4日間だけお休みをもらえることになりました。

どうせなら海外に行きたいと思い、4日で行ける近場ということで台湾に決めました。

妊娠中と言えつわりもひどくなくバリバリ働いていましたので、体調のことは心配していませんでした。

日本でデング熱が流行っていたころだったので、両親はそっちの心配はしていましたが…。

これから子供が生まれるので節約したいところは節約したいと思い、LCCのピーチ航空を利用しました。

驚くほど席が狭かったですが、4時間ほどの辛抱だったので大丈夫でした。

妊娠中ということで一応優先搭乗はしましたが、狭い席にいなければならなかったので、優先搭乗しなくてもよかったかな、とも思います。

現地ではたくさん歩くとしんどくなってもいけないので、オプショナルツアーを利用しました。ホテルの前で送り迎えしてくれるオプショナルツアーです。

タクシーのようなもので、私たちだけの利用なので気兼ねせずとても便利でした。

千と千尋の神隠しで有名な九份は、階段が多かったし人が多かったので少ししんどかったですが、景色の美しさとお土産屋さんが連なる道を歩いていると気が紛れました。

街中でショッピングをする際もタクシーを利用することが多かったです。日本に比べると運賃も安いので気軽に利用できました。

妊娠中だからダメだったことといえば、足つぼマッサージですかね。

オプショナルツアーの中で立ち寄ったのですが、妊娠中はあまりよくないとネットに買いていたので断念しました。

妊娠前はよく足つぼマッサージに行っていてあの痛さが好きだったので、とても残念でした。

あとは当たり前のことですが、アルコールですね。美味しい台湾料理にお茶だけというのは、寂しかったですね。

これが一番の思い出というのはなんですが、台湾のホテルで胎動が激しくなったのがとても印象的でした。

それまで胎動がなかったわけではなかったのですが、台湾滞在中はとても激しく感じました。

「旅行に一緒にこれて嬉しいのかな〜?」と主人と話していたことが、とても印象に残っています。

安いホテルだったので妊娠中だから特別なサービスがあったわけではないですが、繁華街までのアクセスがよかったので特に不便はありませんでした。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表