マタニティ旅行をした旅行先と時期を教えてください。

旅行先:北海道(登別温泉)
時期:妊娠 8ヶ月頃
一緒に入った人:主人

2. 宿泊先を教えてください。

宿泊先:登別石水亭
住所:〒059-0596北海道登別市登別温泉町203-1
サイト:http://www.sekisuitei.com/

口コミ:泉質と貸切風呂が良かったです。

3. マタニティ旅行の体験談を教えてください。

義姉が北海道出身の為、こちらの旅館がおすすめとアドバイスされて宿泊しました。

妊娠8ヶ月でお腹もだいぶ目立ってきた為機敏に行動は出来なかったので、のんびりしようと2泊3日と無理のない日程で旅行へ行きました。
新千歳空港から札幌まで電車で出て、時計台などを観光した後にあらかじめ予約していたレンタカーを借りて、登別まで向かいました。

空港から札幌までの電車移動は快速エアポートの座席指定を利用したので、無理なく座って移動できるのでこちらの利用もオススメです。
また車での移動は小回りも効くので、妊婦さんに限らず小さなお子さんのいる家族旅行にもおすすめです。

登別エリアに入ってからは地獄谷を見学して、すぐに旅館にチェックインしました。
旅館での食事はバイキングだったので、好きなものを食べる事も出来て満足でした。

翌日は登別から函館まで移動して、函館観光を楽しみました。
ただ移動に4時間ほどかかり、観光というよりも函館までドライブしに出かけた感じでした。

6月の北海道は、関東と違いさらっとした気候が心地良く、暑がりな妊婦でも快適に過ごせました。

北海道旅行をするにあたり、当時産科の担当医師に旅行に行っても大丈夫かを相談しました。
自分自身は安定期にも入っていたので問題ないだろうと思っていたのですが、飛行機を利用するので念のため担当医師に体調面で相談しました。
マタニティ旅行の場合は一度担当医師へ確認される事をおすすめします。

また旅行先での万が一に備えて、あらかじめ病院など事前にリサーチしていました。
病院もそうですが、担当医師に旅先で何かあった場合はどうすれば良いのかも相談しました。
幸い特にはトラブル無く済んだのですが、事前に調べていればイレギュラーな事が起こったとしてもスムーズに対処できるので、マタニティ旅行では欠かせない事前準備かと思います。

話は戻りますが宿泊した旅館は、特に貸切の家族風呂も良かったです。
8ヶ月とだいぶお腹が目立っていたので大浴場も良いのですが、何となく人目が気になってしまい、貸切風呂はそういった点でも落ち着いて入浴できました。

主人と二人での旅行だったので、妊婦の私に合わせて予定立てし行動出来たのも良かったですし、
いざ出産すると当分旅行には行けないので、思い切って北海道旅行を決定して良かったと思います。

マタニティ旅行に無理は禁物です。
余裕があればのんびりとした日程で旅行を組み、移動も妊婦が一番快適に移動できるようにするのが一番かと思います。

赤ちゃんが誕生すれば、ママは日々忙しく自分の時間はなくなってしまうので、安定期に入ったら夫婦の思い出作りの為にも、ぜひマタニティ旅行をおすすめします。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表