マタニティ旅行をした時期を教えてください。

時期:妊娠7ヶ月頃
一緒に入った人:夫

その旅行先を選んだ理由を教えてください。

子供ができたら自由な時間がなくなりお金にも余裕がなくなるので出産前に最後の贅沢として旅行を企画しました。
旅行先は15歳以下は宿泊できない大人だけのハイクラスの宿、また、体調を考え近場としました。
妊婦でお腹が出ているので部屋に露天風呂がついているところを選びました。

宿泊先と口コミを教えてください。

宿泊先:望楼NOGUCHI登別
住所:登別市登別温泉町200番地1
サイト:http://www.bourou.com/

口コミ:子供宿泊不可の宿なのでとにかく静かでのんびりできるます。すいている時期に行ったので、料金そのままで部屋をアップグレードしてくれました。

部屋に温泉がついているので、妊婦でも人目を気にせず温泉に入ることができます。部屋は全室スイートです。妊婦なので食事の際のアルコールはノンアルコールカクテルに変えてくれました。

マタニティ旅行の体験談を教えてください。

初めての出産だったので、出産後には乳児相手に毎日が戦場のようになるのでは?と考えていました。
子供ができたらできるだけ時間もお金も子供にかけてあげたかったので、最後の贅沢がしたい!と突然思い立ち宿を探しました。

妊娠7か月でお腹も目立ってきており、万が一、体調不良になることを考えて「車で移動」「札幌から近い(当時札幌に住んでいた)」「部屋に露天風呂がある」を条件に探しました。
普通の温泉宿でもよかったのですが、望楼NOGUCHI登別のホームページを見たとたん「ここだ!」と思いました。

子供が生まれたら子供が中学生ぐらいになるまでは大人だけで外出することも難しいでしょう。ましてや旅行などもってのほか。
こちらのお宿のコンセプトは「大人だけの宿」。そう、子連れで行くことはできないのです。もう行けるのは今しかありません。

幸い体調も落ち着いていたので早速予約し、主人と二人で伺いました。
外観は落ち着いた建物です。とりたてて派手なところはありません。

しかし、一歩足を踏み入れると…そこは静寂が広がっています。普通の温泉宿とはまったく違います。
ここに来てよかった!と心底思いました。

妊婦の旅行はやはり無理は禁物です。お腹の中に赤ちゃんがいるのですから。
私も万が一に備え母子手帳は携行し、観光などで動き回ることはせず、ただひたすらのんびりと宿の中で過ごしました。

子供が二人となった今、この旅行が最後のリラックスと贅沢になったことは言うまでもありません。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表