マタニティ旅行をした旅行先と時期を教えてください。

旅行先:長崎県雲仙市小浜町
時期:妊娠8ヶ月頃
一緒に入った人:夫、子供

宿泊先を教えてください。

宿泊先:宮崎旅館
住所:長崎県雲仙市小浜町
サイト:
http://www.miyazaki-ryokan.co.jp/sp/
口コミ:おもてなしが素晴らしく、まず、受付する時間に抹茶、和菓子が出てきます。子供にも対応よく、お昼寝用のお布団や、子供用のこぼれないアンパンマンの蓋の付いたコップにジュースなど入れてくれとても助かりました。

マタニティ旅行の体験談を教えてください。

今回は4人目にして初めて妊娠中に旅行に行きました。
臨月間近の妊娠8ヶ月。トラブル続きで安静生活でしたが、状態が安定していた為、また近場と言うことで家族でミニ旅行を計画しました。

長崎県雲仙市は温泉街で硫黄の匂いが立ち篭める町並みです。観光地も多く、有名なのは日本一長い足湯がある事です。妊娠中は浮腫み易く疲れやすいのでこの場所を選びリフレッシュする目的で決めました。

観光は歩きでしたが、町並みは昭和を匂わす町並みでお土産屋さんなども多く観て回るだけでもとても楽しかったのですが、
妊娠8ヶ月という事もあり、お腹が張り休み休み行動しなければいけませんでした。
しかし、小休憩の場所も多くそこはとても妊婦の私にとってすごくいい場所でした。

ここで注意かなと思った事を書いていきますね。
妊娠中は何が起こるかわからないので、主治医に旅行(飛行機に乗るなどの遠い旅行)に行く事を伝えること。
意見を貰うことは大事だと思います。
私の場合は自分が看護師の資格があり、また近場に旅行(病院に行ける距離)に行ったので医師には相談しませんでしたが、これは一番大事です。
二つ目は、疲れない事、疲れたら休める環境にある事も大切です。

旅行先の産婦人科や病院を検索しておくことも大切。もちろん母子手帳は必須アイテムです!

あとは、処方されているお薬の持参も忘れずに!

大切な事項の最後に、何でも言える相手と旅行に行く事をオススメします。要するに家族です。

もしもの時は家族が一番頼らないといけないからです。
これらを守れば旅行は一安心!

次は、どのような目的で旅行するかも大事かなと思いました。

新婚旅行の方や思い出作りの方、身内の行事で旅行がてらにって方もいるかと思いますが、一番は赤ちゃんが

一番大事なので無理しない事、断る事も時には大事かなと感じてます。

妊娠中に最も旅行先でしたい事。私は疲れをとりリフレッシュが一番したかったですが、新婚旅行の方はマタニティphotoなどを撮るのもあり。結婚式をする方もいるのかなと思います。

マタニティ旅行には楽しみいっぱいです。旅行会社やホテルなどマタニティー限定や小さなお子様がいる方限定割引などある所もありました。

私にはとても魅力的な割引の仕方であり、躊躇すること無く小さい子を連れて旅行に行ける!と思って旅館を探した事を思い出します。

小学生のお子様1人宿泊料無料などある旅館やホテルもありましたし、マタニティーとして色々調べると得する事も多そうでした。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表