マタニティ旅行をした旅行先と時期を教えてください。

旅行先:兵庫県
時期:妊娠7ヶ月頃
一緒に入った人:旦那

宿泊先を教えてください。

宿泊先:ホテル若水
住所:兵庫県宝塚市湯本町9-25
サイト:http://www.h-wakamizu.com/
口コミ:妊娠中の不安も気分転換できました。

マタニティ旅行の体験談を教えてください。

私の旦那は仕事がら、連休を取りづらく落ち着いたら新婚旅行に行こうと約束をして結婚しました。
しかし、私は結婚してすぐに妊娠することができ、新婚旅行は保留になりました。

そして、妊娠初期はつわりがひどく食べることもほとんどできず、体重が減ってしまったり、貧血で点滴を打つなど課題があり自宅で安静にしていました。
安定期に入り、食欲も戻り赤ちゃんも順調に成長しているということで安心していました。

そこで旦那が、赤ちゃんが生まれる前に旅行に行こうと提案してくれました。
新婚旅行は沖縄が良いねと言っていたのですが、お腹も大きくなり何かあってもすぐに病院へ行けるようにと思い近場へ旅行することに決めました。
形上はこれが新婚旅行になりましたが、沖縄旅行はリベンジしたいと思っています。

私たちが選んだのが宝塚のホテル若水さんです。
兵庫県に住んでいるので、特に普段との違いは感じにくい部分もありましたが2人で過ごせる貴重な時間に旦那とゆっくりと旅行にいけることが嬉しかったです。

「たまごママプラン」という妊婦さん向けのプランがあり、マタニティパジャマをプレゼントいただけました。
大きめでゆったりといしたパジャマなので、妊娠中は助かりましたし産後にまで使用できました。

他にも貸切風呂を利用できたことがとても助かりました。
大きなお腹で大浴場に入ることは少し気がかりだったので、貸切風呂で気兼ねなくゆっくりできることは贅沢な時間でした。

1番嬉しかったことは、何かあった時のためにとキャンセル料が前日まで発生しないことでした。
安定期は「流産や早産しないリスクが無い時期」と言う意味では無く、「赤ちゃんが育つ環境が完成した意味」と妊婦検診で通院していた病院の先生に言われたことがありました。
その言葉を聞いていたので、キャンセル料がギリギリまで発生しないということはとても有難かったです。

お料理も夕食はお部屋でゆっくり懐石料理を堪能でき、いつも以上にお腹の中で赤ちゃんが動いているようにも感じれました。
産まれてきた息子は、現在食いしん坊でつまみ食いも大好き。きっとこの旅行でもママからの美味しいご飯を喜んでいたのだと思います。

また、安産祈願で有名な「中山寺」が近かったので、旦那と安産祈願に伺いました。
そのおかげもあってか、元気な赤ちゃんが産まれました。

妊娠中の旅行は不安や心配なことも多いと思うので、気分転換できる意味で近場でも充分楽しめると思います。
安定期という言葉は日本だけの考え方のようなので、気持ちが緩みすぎないことも大切だと思います。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表