マタニティ旅行をした旅行先と時期を教えてください。

旅行先:北海道(札幌・洞爺湖)
時期:妊娠 8ヶ月頃
一緒に入った人:夫

宿泊先を教えてください。

宿泊先:ザ・ウインザーホテル洞爺リゾートアンドスパ
住所:北海道虻田郡洞爺湖町清水、
サイト:https://www.windsor-hotels.co.jp/ja/

口コミ:

マタニティ旅行の体験談を教えてください

夫婦2人ではしばらく旅行へ行けなくなるので、安定期後一番動ける7~8か月に旅行へ行こうと夫と計画しました。
目的は、子どもが生まれた後だと中々行けないようなレストランで美味しいものを食べることでした。
丁度夫の夏休みにの時期でしたのでそれに合わせて、長男を妊娠していた年は暑く夏バテ気味だったので、涼しく過ごせる北海道を選びました。

主治医の先生に相談し、妊娠の経過に問題がなかったので、無理しなければOKとのことでした。
北海道は道内で長距離の移動が必要になるので、洞爺湖へ行く途中も1泊宿泊をすることにして、1日の移動があまり長くならないよう計画をしました。

まずは、新千歳空港から洞爺湖へ向かいました。到着した日は支笏湖で一泊することになっていたので、湖の周りを散策したり宿でのんびりしました。
東京よりずいぶんと涼しく過ごしやすかったので、夕方や朝に散歩をしました。その後洞爺湖へ向かい、途中目的のレストランで食事をしたり、
洞爺湖のホテルでも美味しい料理を頂きました。洞爺湖では残念ながら天気が良くなかったので、ホテルの近辺のみで過ごしましたが、湖の周りや、洞爺湖までの
道中の景色がとても素晴らしく、リフレッシュできました。

その後、札幌では以前から行きたかったモエレ沼公園へ行きピクニック気分でのんびりしました。また札幌の観光名所を巡ったり、買い物をしたりして過ごしました。
夫と子どもが生まれてからの生活のことを考えたり、2人での時間を楽しみました。

妊娠後期ではお腹が張ることが時々あるので、張る感じがするときは無理をしないようにしていました。出先でも座れるところに座って休んだり、
1つの目的地へ行ったら、次の目的地へ行く前に休憩をしたりしていました。
出発前に妊婦もOKなマッサージ店を予約していて(主治医の許可は取っておきました)、脚と首のマッサージをしてもらい疲れを取りました。
とにかくあまり無理をしないこと、のんびりすることを心掛けていました。

飛行機を利用しましたが、妊婦は優先登場させてもらえるので有難かったです。8月末の平日に移動したので、飛行機はすいていて、ゆったりと過ごすことができました。

思い返すと、夫婦でのんびり過ごすことは出産直後は中々難しいですし、時間のかかるフレンチなどの食事は子ども連れでは難しいのでとてもよい思い出になりました。
楽しい思い出になるので、妊娠中の旅行を計画されている方にはぜひおすすめします。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表