マタニティ旅行をした旅行先と時期を教えてください。

旅行先:栃木県 湯西川温泉
時期:妊娠 6ヶ月頃
一緒に入った人:主人

栃木県 湯西川温泉の宿泊先と口コミを教えてください。

宿泊先:花と華
住所:栃木県日光市湯西川温泉601
サイト:www.yunishigawa.co.jp

口コミ:妊娠しているということはホテルに伝えないでいましたが、お部屋に案内する係の方に、「何ヶ月ですか?」とたずねられました。あまりお腹は出ていなかったけど、歩いている時の姿を見て気付いたのかと思いました。

お部屋はいたって普通の準和室です。ベットがあったので、寝起きするのに楽でした。お食事は囲炉裏を囲んで頂きました。旬のお魚やお野菜を囲炉裏で焼いて食べるのはなかなかできないので良い演出だと思います。

1番気になったのは温泉です。一般的に妊婦には温泉は良くないと言われているので心配でしたか、ホテルの人に聞いたら、「温泉は妊婦さんにもいいです、でも長い間浸かったり、足元が滑りやすいので転んだりするかもしれないので、その点に気をつけてください」との事でした。その通りだと思いました。

ホテルの雰囲気は竹や木、何となく竹取物語っぽい感じで飾り付けられていて爽やかです。清潔感もありとても落ち着けます。

全体的に、妊婦さんにとって居心地の良いホテルだと思います。

栃木県 湯西川温泉のマタニティ旅行の体験談を教えてください。

妊娠してお腹が大きいので、まず家から車で2時間以内の場所を探し行き先を決めました。車には衝撃を和らげるために、座布団や毛布を持ち込みました。途中何度も休憩して、外を歩き、エコノミー症候群にならないようにしました。

あまり無理はしないようにホテルに直行しようと計画してましたが、途中鬼怒川ライン下りの看板が見えてきたらやりたくなりチャレンジしました。流れも穏やかだし、水しぶきは飛んできますが、船に備え付けのビニールがあるのでそれでカバーできるし、何も問題ありませんでした。

近くに金谷ホテルのベーカリーがありそこでパンを食べ休憩しました。お値段は高いけど、味は良いです。お店の雰囲気もアンティークな感じで高級感があります。

その後はホテルに向かい、部屋でゆっくり過ごし、温泉に入り、囲炉裏料理を食べてリラックスしました。部屋からは山々が見え、緑が多くマイナスイオンがたくさんあるんだろうなという感じです。

次の日は福島にある阿武隈鍾乳洞に行きました。ここはさすがに滑りやすいし、中は暗い、しゃがんで進まなくてはいけないスポットもあるし危険と思いましたが、その日はとても暑く、涼みたくなり、行ってしまいました。中は本当に暗く、足道は濡れている状態でした。ヘルメットを被り冒険気分で中に入りました。涼しく、ライトアップされて神秘的な雰囲気でした。川も流れていて音も心地よく癒されました。コウモリもいるそうです。

妊婦だけど、普通に何でもできました。温泉に入る時だけ、長湯しない、足元は滑りやすいので気をつける位で楽しく旅行ができました。

でも何が起きるかわからないので、気を引き締めて旅行に挑まなくてはいけないと思います。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表