マタニティ旅行をした旅行先と時期を教えてください。

旅行先:岡山県の湯郷温泉
時期:妊娠5ヶ月頃
一緒に入った人:旦那

岡山県の湯郷温泉マタニティ旅行の宿泊先と口コミを教えてください。

宿泊先:竹亭
住所:岡山県美作市湯郷622−1
サイト:http://chikutei.co.jp/

口コミ:岡山県の湯郷温泉地にある宿です。8畳ほどの和室に宿泊しました。

お風呂は露天風呂と内風呂があり、露天風呂に期待していたのですが、建物の裏手の山の側に簡単な石作りの風呂に、竹製の脱衣室があるだけで、落ち着いて入浴できませんでした。また、風呂に浮いたゴミを救う用の網が丸出しになっておりがっかりでした。

対して内風呂は大きく、清潔でアメニティーも豊富、脱衣場も広く、くつろぐことができ気持ちよく入浴できました。

料理は、和食でよくあるようなメニューでした。届いたときにはおつくりが少し乾いていたのが残念でした。また特産の梨を使ったコンポートがあまりおいしくなくて驚きました。

マタニティ旅行の体験談を教えてください。

前回流産してしまったことがあったので、旅行中に何かあってはと思い、気が進まなかったのですが、主人が私を元気づけようと誘ってくれたので、兵庫県から近場の温泉地である岡山県の湯郷ならと思い、旅行することにしました。

湯郷といえば女子サッカーチームが有名で活気のある温泉地なのかと期待していましたが、昔は活気づいていただろうという風情のさびれた温泉地といった感じでした。

妊婦の為、外湯巡りなどのハードなことはしたくなかったので、街中をぶらぶらしただけでした。宿の近くに神社があり、そこで安産祈願をしたり、お土産物屋さんを物色したり、1時間ぐらいでめぼしいところはまわれてしまいました。

若い人が楽しめるような施設は特段なかったのですが、主人と旅行をしているというだけで、気持ちが上がり、何もないのも楽しめました。宿が思った以上にいまいちなのもまた、二人で言い合いながら笑えて、思い出になり良かったです。

湯郷の他は、美作市の宮本武蔵ゆかりの地を巡ったり、道の駅をうろうろしました。これがどれもぱっとせず、人に勧められるようなところはひとつもありませんでした。そういうことも逆にネタにでき楽しかったです。

子供が生まれたら、二人きりで旅行することもできないから、夫婦水入らずの旅行を楽しみたい!と思って行ったわけではないですが、子供が無事生まれた今、私と主人だけで旅行に行けるのもあと何年後かなと思うとあのいまいちな旅行もとても感慨深く思えます。

「マタ旅」と言われるマタニティ旅行には否定的だった私ですが、妊娠中体調が許せば、ちょっと一泊旅するのもとても良い思い出になり、いいのではないか思いました。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表