マタニティ旅行をした旅行先と時期を教えてください。

旅行先:沖縄
時期:妊娠 7ヶ月頃
一緒に入った人:夫、長女

沖縄の宿泊先と口コミを教えてください。

宿泊先:ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
住所:沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣2260番地
サイト:http://www.anaintercontinental-manza.jp/

口コミ:大きなホテルです。一歩ホテル内に足を踏み入れると、とても広いロビーと高い吹き抜けが目に入ります。客船のような形で、各階に照明が設置されているので、下から見上げるととてもきれいです。

客室内は白とターコイズブルーでさわやかな感じでまとめられていました。周りが海なので、景色も良かったです。
ホテル内に、お土産屋を扱うショップだけでなく、海で使うようなものを多く扱うお店もあるので、便利です。特産品などを扱う朝市がロビーで開かれるので、のぞいてみると楽しいと思います。

周りを海で囲まれているので、風景がよく、ホテルの周りを散策できるようになっているので、沖縄のきれいな景色を味わえます。

マタニティ旅行の体験談を教えてください。

妊娠中でしたが、上の子が遠出できる年になったのと、出産後には旅行らしい旅行はしばらくできないと思い、安定期に入り思い切って沖縄旅行を決めました。
子供の喜びそうなスポットを中心に観光をしようと決め、ホテルでもゆったり過ごせるように、リゾートホテルに宿泊することにしました。

那覇空港から色々なところへ立ち寄りながら、観光をしました。メインはやはりちゅらうみ水族館です。有名なジンベイザメはほんとうに大きくて、驚きました。ちょうど餌を食べているところを見られ、大人も感動してしまいました。外にあるイルカの水槽で、イルカを間近で見られたのも良かったです。思いのほか広く、堪能できました。

水族館の周りも公園のようになっており、沖縄の過ごしやすい気候の中、散策するのも良かったです。

ホテルの近くの万座毛も良かったです。遊歩道が整備されているので、歩きやすく、妊婦にも行きやすいところでした。海の上に突き出した台地を歩くような感じなので、今までにない風景が見られました。

妊娠中ということで、立ちっぱなしや歩きっぱなしだとやはり辛くなってしまうので、休憩をとりながら回るように気をつけました。
色々なビーチや海岸に行きましたが、どこも景色が綺麗で、本州とは違う沖縄の南国らしい風景にとても癒されました。旅行したのは冬だったので、暖かい沖縄の気候も気持ちよかったです。

もちろんホテルも快適で、冬だったのでアクティビティなどは利用しなかったのですが、広いホテルなので、ホテル内を見て回ったり、敷地を散策したりするのも楽しかったです。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表