マタニティ旅行をした旅行先と時期を教えてください。

旅行先:伊豆半島
時期:妊娠 8ヶ月頃
一緒に入った人:母 妹 夫

伊豆半島宿泊先と口コミを教えてください。

宿泊先:花と貸切温泉の宿 ビーチサイド100
住所:〒413-0503 静岡県賀茂郡河津町見高97-74
サイト:http://www.beachside100.com/

口コミ: とにかくお料理がおいしくてボリュームがありました。
食べきれなくて、もったいなくて、家に持って帰りたいほどでした。伊勢海老や金目鯛やアワビなど伊豆の海の幸が満載でなのに、一泊二食付で12000円ほどとコストパフォーマンスはすばらしかったです。

お宿の最上階にある展望温泉ものんびりできましたし、天井から降るように咲いている、河津桜を眺めながらの花の湯もすてきでした。また、お宿のいたるところに押し花作品が飾られているのですが、これがすごい!お花好きの母も私も釘づけになってしまいました。

オーナーもあったかな人柄で、アットホームは雰囲気でくつろぐことができ、本当によかったです。

伊豆半島マタニティ旅行の体験談を教えてください。

 妊娠後期に入ってでしたが、母の還暦祝いも兼ね、行けるうちに行っておこうということで旅行に出かけました。あまり遠出になると体への負担が心配だったので、車で3時間ほどで到着できる伊豆半島へ行きました。

伊豆半島を選んだのは、距離の問題以外にあたたかい気候も理由の一つです。3月の頭でまだ寒い時期でしたが、河津桜が見ごろであるというのもポイントの一つ。

二泊の旅行で、下田や南伊豆のほうまで足をのばしたので、やはり3月でもとても暖かったです。長距離ドライブではありましたが、おなかが変に張ったりすることもなく、伊豆のおだやかな気候の中をいろいろと散歩することができました。

河津桜の咲く土手は、本当に美しく、一足早く春まっさかりという感じで、歩いていると汗ばむほどの陽気でした。家でも散歩していましたが、普段は寒いので運動不足気味だったのですが、桜を眺めながらの散歩は飽きることも寒いこともなく、いくらでも歩けました。

下田の古い歴史の残る町並みも歩きました。これもちょこちょことお店があるので入って休憩もできましたし、とにかくあたたかいので、普段は寒さで強張っている背中もほぐれ、精神的にもずいぶんリラックスして過ごすことができました。

また海のきれいさも驚くほどでした。海岸の風は長く当たるとさすがに寒かったですが、透き通るほど青い海と波音に、身も心もすっかり癒されました。きっとおなかの赤ちゃんにも届いただろうと思います。胎教としてもよかったですね。

マタニティ期はなにかと不安を抱えたり、緊張したりしがちですが、旅行にいくとその非日常感から解放感を得られます。体に負担がかかるような旅行日程は組めませんが、おなかの赤ちゃんとゆっくりお話しするつもりで、ちょっと歩くコースを入れたりしているといいと思います。

もちろん旦那様ともたくさん話して、今のこと、これからのことを考える時間とすれば、本当に素敵な時間となると思います。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表