妊婦だって体調がいいなら、海外旅行は行けます。
気を付けなければ妊婦の海外旅行では、医師の診断書(英文)が必要になる場合があるんです。

なので、妊娠中に海外旅行を計画するときには、まずはかかりつけの医師に相談する必要があります。
せっかく海外旅行を計画しても飛行機に乗れなかったら、旅行に行けません。

なので事前に妊婦の海外旅行の場合には、医師の診断書が必要か確認しておきましょう。

妊婦の海外旅行には絶対診断書が必要?

妊婦の海外旅行だからといって、全部診断書が必要なわけではありません。
あくまでも妊娠の週数で診断書が必要かどうか決まっています。

特に妊娠28週目以降の妊婦の海外旅行の場合に、10日以内の日付の診断書が必要となります。
しかも診断書の内容も英文である必要がありますし、記載事項も定められています。

妊婦の海外旅行に診断書が必要な場合、単胎妊娠なのかどうか?や妊娠週数、出産予定、健康状態、合併症を求められます。
なので診断書には最低でも上記の内容が記載されていなければいけません。

妊婦の海外旅行では、診断書が持参しなかたり、診断書の期限が無効だったり、診断書に必要項目が記載されていない場合は、飛行機に乗れないこともあります。
航空会社によっても妊婦の海外旅行については取り扱いが違うので、事前に旅行会社を通して診断書が必要か確認しておいたほうが無難です。

妊婦の海外旅行になぜ診断書が必要なの?

妊婦はとかく環境の変化に敏感で、トラブルが起こしやすいです。
特に海外旅行の場合、フライト時間も長く、妊婦の海外旅行には注意が必要です。

飛行機内は気圧も湿度も低く、明らかに地上とは違う環境です。
人によっては突然体調が悪くなる可能性もあります。

妊婦が体調不良を訴えられても、いきなり地上に戻ることはできない環境です。
乗務員はトレーニングを受けてはいますが、医者ではないので出来ることはごく僅かです。

最悪の場合、どこかの空港にダイバートしなければならなくなるかもしれません。
そうなれば航空会社のダメージは大きく、他の客にも迷惑です。

だからこそ航空会社が妊婦の海外旅行に診断書を求めるのです。
自分のためでもありますし、他の人のためでもあるのです。

妊婦の海外旅行できちんと申告していれば、配慮もしてもらえる

妊婦だと隠して飛行機に搭乗すれば、診断書がなくても平気と安易に考えてはいけません。
何かあってからでは遅いのです。

しかも、航空会社によっては妊婦の海外旅行に対してはある程度特別な配慮を用意してくれるところもあります。
優先搭乗をさせてくれるところや足が前にゆったり伸ばせる席にしてくれることも。

長いフライトで足がむくみやすくなるので、結構助かりますよね。
妊婦の海外旅行なら、せっかくですから妊婦の特典を思う存分堪能しましょう!

下手にかくして無理するよりも、安心して旅行ができると思います。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表