妊婦だといろいろ行動に制限がでてきます。
そのひとつが温泉。

妊婦に温泉って大丈夫っていう説もあれば、危険っていう説もありますよね?
どっちが本当なの?!って温泉好きのわたしは妊婦のときに迷いました。

妊婦でも温泉入浴は問題ない!

本当に妊婦が温泉に入る事は危険なのでしょうか?
温泉施設ではよく妊婦入浴禁止のところが多いですよね。

実は妊婦が温泉を制限されるのに医学的な根拠はないのです。
法律で温泉を提供する者は注意事項を温泉施設内に掲げる必要があります。

その注意事項の一つに禁忌症があり、妊婦は心臓病や、貧血と並んで、禁忌症の1つとしてあげされています。
特に初期と末期と時期まで指定しています。

妊婦が温泉入浴で危険なのは、転倒とのぼせ。
温泉施設側の入浴設備によることも多いですが、妊婦はお腹が大きく足元がおぼつきません。

しかも床が滑りやすくなっていますので、妊婦が転倒する危険性があります。
また、妊婦は貧血も起こしやすいので、温泉入浴中貧血を起こしてしまってトラブルになることも!

温泉そのものが危険と入わけではありません。
取り返しのつかないトラブルを避ける為の対処として、入浴を制限する事は当然の措置とも考えられます。

温泉は妊婦が入れる時期っていつなの?

流産可能性の高い時期である妊娠初期は避けたほうがいいでしょう。
妊娠初期では15%の発育不全で、妊婦自身が何か悪いわけではありません。

しかし、妊娠初期は流産のリスクが高いので、できるだけ刺激の少ない安定した生活を送るようにしましょう。
それに温泉施設にもよりますが、自然豊かなところにある温泉施設は辺鄙なところにあることが多いですよね。

長距離の移動などは妊婦さんの体の負担にもなりますので、温泉は妊娠中期の安定期に入ってからがおすすめです。
また、臨月はふとした拍子で破水するリスクもありますので、どんなときでも出産に対応できるように、臨月も温泉は避けましょう。

後期では破水といった危険が常に付きまといます。
また足元が見えにくく、バランスを崩しやすい妊婦さんは転倒するだけで大変な事態を引き起こす可能性もあるでしょう。

なので、妊婦は妊娠初期と後期は温泉はやめておきましょう。

温泉で妊婦のマタニティブルーをすっきり!

妊娠中はわけもなく悲しい気分や不安になったり、眠れなくなったりと心が不安定になりがち。
いわゆるマタニティブルーです。

そんなときに温泉に入浴して、日常の疲れを忘れ、ゆったりした時間を過ごすのもいいでしょう。
温泉旅行でリラックスして、マタニティブルーを解消しましょう。

大変だけど人生のなかで妊婦期間はそんなに長いものではありません。
せっかくですから楽しい妊娠生活を過ごしましょう。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表