妊娠中に医師から「安静にするように!」と言われたら、不安を感じた妊婦さんも多いのではないでしょうか?
安静にと言われても、どうしたらいいのか戸惑いますよね。

しかも妊婦の身で旅行を計画していたら、キャンセルしたほうがいいのか?って迷います。
安静って言われた場合妊婦がどんな生活を送ったほうがいいのか調べてみました。

妊婦に安静してと言われる状況とは?

かかりつけの医師から「安静にして」と言われたときは、一般的に妊婦の体に不正出血やおなかの張りといった症状がある場合がほとんど。
妊婦の身だとちょっとしたことでも初期流産や切迫流産・早産になるときがあります。

なので、そういった症状があるときには医師は妊婦に安静命令をだすわけです。
ただ、妊婦にとって一時的な出血やおなかの張りは珍しいことではありません。

ただちに、それらの症状が赤ちゃんに直接悪い影響を与えない場合もあります。
とはいえ、妊婦である以上このままふだんどおりの生活をつづけてしまうと、さらに出血やおなかの張りが進行してしまう可能性もあります。

医者は妊婦の切迫流産・早産につながる可能性がある以上、医師は妊婦に「安静に」というのです。

旅行をキャンセルしたほうがいいのか?

医者から安静にって言われたとき、うっかり旅行の計画をしていた場合には旅行はキャンセル?って思いますよね。
妊婦自身と赤ちゃんの健康を守るために、安静命令がでたら医師の指示や生活上のアドバイスは必ず守るようにしたほうがいいのは間違いありません。

安静命令の理由にはいろいろありますが、自宅療養や入院していれば普段どおりの生活に戻れることがほとんどです。
自宅安静のときはどうしても最低限のことはやってしまうわけですから、多少動いても大丈夫というようなときに自宅安静と言われる場合がほとんどです。

そういう場合、少し様子をみて、妊婦の体調がいいようなら旅行をキャンセルしないで決行できることもできるでしょう。
旅行をキャンセルしなければいけない切迫した状況ではない場合がほとんどです。

ただし、お医者さんの指示通りに、安静を心がけることが大切です。
注意が必要なのは絶対安静と言われた場合です。

体調がわるければ入院もあり得る状況なので、この場合には旅行はキャンセルしたほうがいいと思います。
食事とトイレ以外は、ずっとベッドに横になっていなくてはなりません。

実家や夫にヘルプをもとめ、家事を手伝いをできるだけ手伝ってもらいましょう。
旅行はいったんキャンセルになっても、妊婦生活は10か月もあります。

その中でまた旅行に行ける機会は恵まれると思います。
絶対安静のときには、そういった辛い決断も必要です。

旅行をキャンセルするかどうかは自己責任

妊娠初期には、15%の妊婦さんが流産になるといわれているほど流産は珍しいものではありません。
妊娠が分かった直後に不正出血があったりすると、医師から流産かもしれないから、安静にしているようにと指示されたりします。

切迫流産は、子宮が中にいる胎児を押し出そうとするために生理痛のような痛みを感じます。
そのため、子宮の収縮を防ぐ薬等で流産を防ぎ、子宮に負担をかけるような行動は控える事が必要になります。

状況がよくなって旅行をキャンセルしなくても済む場合もあります。
旅行先でトラブルが起きるかもしれません。

そこ旅行を行くかどうかは妊婦の自己責任の領域です。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表