妊婦で旅行を計画をするなら、海外はちょっとハードルが高いから国内でと思う妊婦も多いはずです。
今の時期は紅葉が見ごろ。

国内で旅行っていうと、京都が定番ですよね。
妊婦で旅行であれば、国内だとなにかと安心ですよね。

しかも京都旅行はメジャーなので、妊婦に優しい旅行プランもたくさんあります。
妊婦で旅行だとなにかと不安があるので、京都旅行について調べてみました。

マタニティプランってなに?

妊婦向けたマタニティプランというものがあります。
京都旅行ではマタニティプランを扱っているプランがあり、妊婦でも参加しやすい旅行プランとなっています。

そういう意味でも妊婦で旅行は京都ががおすすめです。
そもそもマタニティプランというのは妊娠中の方でも心身ともにリラックスして大切な方との時間を過ごせるようにサービスを充実したプランのことです。

妊婦だとは急な体調変化が起こりやすく、トラブルも起こりやすいですよね?
急な変更にそなえて宿によってはキャンセル料が掛からなかったり、旅先で急に体調不良になったら近くの病院に案内してくれたりしてくれます。

しかも、妊婦のつわりに配慮して料理のメニューについて細かく注文に応じてくれたり、マタニティウェアや枕を多く用意してくれたりする宿もあります。
宿によってサービス内容がちがうので、自分の希望にあったマタニティプランを選んで妊婦でも旅行を楽しめます。

せっかく旅行にきたのに体調を崩したり、トラブルで嫌な気分になってはせっかくの旅行が台無しです。
妊婦での旅行の場合には、できるだけ急なトラブルに対処できるようなプランを選びましょう。

京都旅行のマタニティプランってどんなものがあるの?

京都旅行のマタニティプランの一例では半露天風呂が付いた客室を用意してくれ、露天風呂から素敵な雪景色を眺めながらくつろげます。
わたしも安定期に地元の温泉に行きましたが、妊婦もOKという温泉はすくないものです。

妊婦OKな日帰り温泉を試しましたが、他の人もいるので、大きいお腹を気にしながら入浴しました。
なので、他の人の目を気にせずゆったり妊婦で温泉に入れるのは、結構ポイント高いと思います。

しかも、周りを気にしない部屋食にしてくれるマタニティもあります。
旬の食材を使った京会席やマタニティパジャマのレンタルも妊婦には嬉しいサービスですね。

生まれてくる赤ちゃんに旅館から湯上りガーゼタオルのプレゼントやちょっとしたお土産を用意してくれるホテルもあります。
おもてなしが何とも嬉しいですよね。

風情溢れる京都。
妊婦でなくても一度は京都旅行は憧れます。

マタニティプランはいろいろ種類があるので、できれば選択肢は多いほうがいいと思います。
京都旅行では旅館やホテルも多く、それでいて風情もあるので、旅行客も多いです。

そのため、数多くマタニティプランが存在しますので、京都旅行は妊婦にはとっても最適。

妊婦なので無理のない観光地を訪問しましょう!

京都旅行だといろいろ観光地が多く、徒歩で歩くことが多くなることも多いでしょう。
特に京都旅行の定番である嵐山とかは冬だと気温も寒く、しかも広いので妊婦には辛いかもしれませんね。

祇園付近や八坂神社から清水寺にかけては、両側に土産物屋が並び、高台寺と円山公園の間には人力車もあり鉄板の観光コースです。
足腰を鍛えることも妊婦には大事ですが、無理は禁物です。

人力車など京都ならではの風情を楽しみながら無理なく京都旅行プランをたてましょうね。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表