マタニティ旅行をした旅行先と時期を教えてください。

旅行先:伊豆大島
時期:妊娠 7ヶ月頃
一緒に入った人:主人

伊豆大島の宿泊先と口コミを教えてください。

宿泊先:ホテル赤門伊豆大島
住所:東京都大島町元町1-16-7
サイト:http://www.ooshima-akamon.com/

口コミ:伊豆大島の玄関でもあり、お土産屋さんも集まっている元町からすぐのホテルです。
源為朝の館跡であった赤門がホテルと隣接していて、ホテルには鎧が飾ってあったり、鎌倉時代の雰囲気が少し味わえます。

ホテルの外観やお部屋は少し古い感じで、部屋の名前も鎌倉の武将の名前だったり水道など一つ一つが一昔前のもので少しだけ怖い雰囲気でした。

そんな感じだったのでお料理もあまり期待していなかったのですが、
お料理は美味しかったです。おかずも沢山あって、魚だけではなく家庭料理のようなものもありました。

それもとても美味しかったです。トビウオの天ぷらを明日葉の粉を混ぜ込んだ緑色の塩に付けていただくのが一番美味しかったです。

伊豆大島のマタニティ旅行の体験談を教えてください。

まだ妊娠7カ月だったということで、さほどお腹は重くなかったのですが、遠くに旅行に行く勇気はなかったので、近い場所を選びました。

船で2時間ほどだったでしょうか。
移動はさほど疲れませんでした。

大島に到着してからも港からホテルまでは近く、小さな町なので歩くのには程よい距離でした。
サイクリングコースもあり、妊娠中はやめておきたかったのですが、主人が折角来たから、と自転車を借りて軽くサイクリング。

ずっと海を臨んだ道のりでとても気持ち良かったですが、身重でなければもっと楽しめたはずでした。
ちょっと妊婦には辛いコースです。ところどころ歩いてコースを終えました。

サイクリングの終わった後は、水着を着て入れる混浴露天風呂があって、それも海を見ながらプール感覚で入れてとてもよかったです。
お風呂上りにソフトクリームを買おうとしたら、お店のおじさんが、私が妊婦であることに気付いてソフトクリームを少し多めにしてくれました。

「赤ちゃんの分ね」と言って。
とても嬉しかったです。

二日目にはレンタカーで島を一周しました。車があれば数時間で一周できるほどの小さな島です。
途中お昼ご飯に立ち寄った食堂では魚の煮付けをいただきましたが、これもまた美味しかったです。

魚が新鮮だからというのもあるでしょうが、大島は、どこもお料理がおいしいイメージです。

資料館を訪れた時は訪問者が私たち夫婦二人だけで、館長さんが資料をもとに沢山説明してくださいました。
色々大島について無料で教えてくださって、とても優しい方でした。

お礼を言ってお別れの時には「元気な赤ちゃん産んでくださいね!」と声をかけてくださいました。

大島は人もお料理もとてもいいです。妊婦さんにも優しい所だと思います。
もっと観光業が栄えて、沢山の人が訪れて、もっと活気が出るといいなぁと思いました。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表