マタニティ旅行をした旅行先と時期を教えてください。

旅行先:箱根 強羅
時期:妊娠 8ヶ月頃
一緒に入った人:主人

箱根 強羅の宿泊先と口コミを教えてください。

宿泊先:季の湯 雪月花
住所:〒2500408神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
サイト:http://www.hotespa.net/Hotel/HotelInfo.aspx?s_cd=17909

口コミ:
開放的で明るく、和を基調とした内装で旅行にきたー!という気分が高まるロビーにまずテンションが上ります。
各部屋に温泉ではないですが露天風呂が付いているので大浴場に遠い部屋でも好きなときに何度でも外を見ながらお風呂に入れるのが最高です。

特におすすめは予約なしで3種類の貸切露天にはいれます。
チェックイン直後であれば比較的待つこと無くお風呂に入れますが、貸切露天の入り口に入浴の有無がわかる灯籠がおいてあるので真冬や真夏でなければ浴衣を着てのんびりと外の風にあたりながら待つのも風情があっていいと思います。

ご飯はチェックイン時に選ぶことできますが、私はしゃぶしゃぶを選択しました。
2種類のタレが用意されていましたが特にごまだれが絶品で、飲めるのではないかと主人と笑っていたくらいでした。

箱根 強羅の マタニティ旅行の体験談を教えてください。

やっと主人の仕事が落ち着き、旅行に行ける様になったのが妊娠8ヶ月でした。
当時はまだ温泉に妊婦はよくないといわれていたこと、やはり大浴場で温泉を楽しみたいけど転倒の危険などを考えると部屋露天がついているホテルや旅館が必須条件で探したところ大好きな箱根に何件か見つけて電車で1時間ならと思い切って旅行にでかけました。

事前にかかりつけの先生には相談して、泊まる場所のの説明をして何かあった場合の病院などの場所も確認しておきました。
行きも帰りも電車が混みあわない時間を選んで座れるように、荷物も二人でボストンバック1つとできるだけ少なめにして一緒に行く主人にもお互いに心配や負担をかけないように余裕を持った旅でした。

ある程度お腹が大きくなって目立ってからの旅だったので周囲の人の旅にもご迷惑がかからないよう、できるだけ行動範囲は広げず交通機関を最低限に観光地をめぐりました。

ただ妊娠後期でもあったこと、天気がよくここちの良い10月だったのでいつもならバスを使う距離でも主人と二人で散歩がてら長い距離を歩くことができていつもは通りすぎる小さなお店を発見することができてとても楽しかったです。

宿泊したホテルは貸し切り露天があったので、主人に付き添ってもらいふたりでゆっくりと入れたのはすごく良かったです。
部屋露天は温泉ではないのですが貸切露天は温泉だったのも嬉しかったです。

妊娠後期でまだ胃に圧迫感があったのでホテルの食事が少しづつ出てくるのはいつもは物足りなく感じていましたが、むしろ妊婦にはとても食べやすかったです。
食事が夕朝ともに和食だったので特に妊婦に配慮されているわけではないのですが、体に優しい食事だったと感じました。

特に部屋付きの中居さんなどがいるホテルではありませんでしたが、すれ違う従業員の方に「お腹はだいじょうぶですか?」「ほしいものありますか?」など声をかけてもらえたことはすごく嬉しくて、今ではリピーターとして機会があればお伺いしています。

今お腹に7ヶ月の子がいますが、おとなしくしてられない2歳半の娘と3人で一緒に行くのにはまだ少し不安なので産まれたら家族4人でお伺いしようと思っています。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表