マタニティ旅行をした旅行先と時期を教えてください。

旅行先:カンボジア
時期:妊娠4ヶ月頃
一緒に入った人:夫、長男(3歳)

カンボジアを選んだ理由を教えてください。

当時タイ駐在中で本帰国直前だったため、思い出づくりに行ってきました。

タイからは飛行機で1時間、国内旅行感覚で行けることと世界遺産アンコールワットを一目見てみたいという想い、そして一番の観光シーズン(1月)だったからです。

本帰国でどちらにしろ6時間以上国際線に乗るのだから、飛行機をさけても仕方ない!と強行しました。

カンボジアの宿泊先と口コミを教えてください。

宿泊先:アンコールパレス リゾート&スパ
住所:カンボジア シェムリアップ
サイト:アゴダ

口コミ:観光のハイシーズンだったので価格重視で選んだホテルでしたが、想像以上に広く綺麗でオシャレな部屋でした。天蓋付きのベッドに感動!

空港からの無料送迎もあり、日本語が通じるスタッフもいて、ロビーも雰囲気良く・・・なぜここがこんなに安いのかと不思議になるほどでした。

アンコールワットから若干離れていること、レストランやナイトクラブなどの繁華街から離れていることがおそらく理由だと思いますが、空港から近く、子連れで静かに過ごしたい私たちにはむしろありがたかったです。

中国人・韓国人が多かったので不安に感じましたが、たまたまなのか騒がしい団体には会わなかったので一安心・・・。

アンコールワットまでも車で15分くらい、ホテルで観光プランも選べて楽ちんでした。

マタニティ旅行の体験談を教えてください。

<心配事>

つわりは軽いほうだったのですが、疲れやすい・階段の上り下りがつらい・空腹になると気分が悪くなるという症状がありました。
まだおなかも出ていなかったので、妊婦だということが周りにわからないことへの不安もありました。

3歳の息子は比較的聞き分けが良いほうですが、それでも飛行機や空港でじっとしていられるか心配していました。

<実際の体験>

一番涼しい時期とはいえ日中は30度を超える暑さ!
専用車をチャーターしてアンコール遺跡群まではすべて車で移動してもらえましたが、遺跡の中がだだっ広く歩いているとクラクラするほどでした。

日陰を探しては遺跡に座ってこまめに休憩を取りました。
息子の相手は全面的に夫に任せました。ひたすら走り回っていましたが、日本のように立ち入り禁止ゾーンなどが少なく自由な感じだったので気を使う必要もありませんでした。

何より子連れに優しい東南アジアの人々!!息子のおかげで親も温かい目で見てもらえて安心でした。

マタニティ+子連れなので、団体ツアーよりも融通が利く専用車チャーターにしようという方針にしてよかったです。

疲れたからもう帰る、遠くまで行くプランはやめて近場の市場でお土産さがししたいなど、わがままも聞いてもらえました。
ツアーガイドをつけなかったのでお値段もむしろ割安でよかったです。

安定期から妊娠線クリームのケアを開始しましょう!

お腹が大きくなる安定期頃から、妊娠線のケアを開始しましょう!

ケチって適当に塗っていると、恐ろしいほど妊娠線ができてしまいますのでご注意ください!(経験者談)

良い妊娠線予防クリームを選ぶ際は、以下の点をチェックしましょう。



できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね♪

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿力が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック素材が配合され肌に優しいのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、唯一、妊娠線を消す効果があるクリームです。

すでにお腹や太ももに妊娠線ができた方におすすめです。

使い続けるとだんだん薄くなってきますよ!


3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質なクリームでありながら、1本2800円とリーズナブルで最もコスパが高いクリームです。
きちんと妊娠線予防をしたいけれど、値段も抑えたい方におすすめのクリームです。




妊娠線クリーム比較表